×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

一日の消費カロリーの計算方法を解説します。自分の一日の消費カロリーを計算してみましょう

女性のための簡単ダイエット方法

一日の消費カロリーについて



自分の一日の消費カロリーの計算

痩せるための条件は「消費カロリー>摂取カロリー」となることですので、まずは自分の1日の 消費カロリーが大体どれくらいなのかを調べてみましょう。
こちらのページの表を使います。(別ウィンドウで開く)

まずは、基礎代謝量です(基礎代謝についてはこちら)。
基礎代謝基準値の表を見て自分の基礎代謝がどれくらいなのか調べてみてください。

次は、1日の活動によって消費したエネルギー量です。
生活活動強度と自分の一日の活動が最も近いもの選んでください。 働きに出ている方なんかは一般的に「ふつう」になると思います。そして、

「1日の消費エネルギー = 基礎代謝量 × 生活活動強度」

に当てはめて 計算してみてください。

例えば、20歳の男性で体重60kgなら基礎代謝量が「24×60=1440」。そして生活活動強度が「ふつう」ならば、 「1440 × 1.75 = 2520kcal」となります。

さらに、「生活活動強度の目安」という表から生活活動強度をもっと細かく計算することが出来ます。 (あくまでも目安なのでここまでする必要もないと思いますが)

この表の使い方を説明します。生活活動強度は、

「生活活動強度 = (動作強度 × 活動時間(分)) / 1440(分)」


という式で計算されます。1440分というのは24時間を分に直した数値です。 例えば、車の運転の動作強度は1.5となっていますので、2時間行った場合は「1.5×120分=180」となります。

その後4時間ゴルフをした場合、ゴルフの動作強度は4.0なので「4.0×240分=960」となり、先ほどの180と足し合わせると 1140になります。このように24時間の「動作強度×動作時間」を足し合わせていき、最後に1440分(24時間)で割れば 生活活動強度を計算することが出来ます。

例えば、睡眠8時間、ドライブ2時間、ゴルフ4時間、ゆったり(テレビをみる、本を読む等)10時間過ごしたとした場合、

 「(1.0×480分+1.5×120分+4.0×240分+1.1×600分) / 1440分 = 1.58」

と生活活動強度が計算出来るので、基礎代謝量が1500kcalなら「1500×1.58=2370」と一日の消費カロリーが計算できます。 この場合、ゴルフを4時間行っていますが24時間の大半はたいした活動をしていないので、身体活動レベルは「低い」と なりました。

1日の消費カロリーの目安にして下さい。



Page Top